保険会社ごとの商品・プラン種類 一覧    外資・カタカナ系生命保険会社

アメリカンホームダイレクトの商品・プラン種類 解説

●みんなのほすピタる 総合医療タイプ
契約年齢範囲/20歳から80歳まで
保険期間/終身、定期
・けがや病気での入院は日帰り入院から保障され、1入院の支払い限度日数は60日、通算では1000日となって
 います。
・けがや病気で手術をした場合には、入院の有無に関わらず手術給付金が受け取れます。
・先進医療のオプションを付加することで、先進医療を受けた際にはその技術料が通算1000万円まで保障されます。
 これは10年更新で、最長90最まで自動更新が可能です。
・退院療養一時金と退院療養保険金のオプションを付加することで、20日以上継続した入院をした場合には
 退院時に一時金が受け取れ、退院後180日以内に通院した場合には最長45日分まで、通算では1000日まで
 療養保険金が受け取れます。
・ガンの補償を付加することで、ガンでの入院であれば基本の入院保障に上乗せしてガン入院保険金が初日から
 日数無制限で受け取れます。ただし、責任開始日から90日以内に確定された乳がんについては補償はされません。
 また、医師によりがんと初めて診断確定された時には診断一時金が受け取れます。
 これは、悪性新生物であっても、初期の上皮内ガンであっても保障対象となります。
 ただし、責任開始日から90日以内に診断確定されたがんについては補償されません。
・女性疾病とがんの保障を付加した場合には、女性特定疾病での入院であれば基本の入院保険金に上乗せして女性特定
 疾病入院保険金が受け取れます。
 これは、入院初日でも日帰り入院でも保障され、1入院の支払い限度日数は60日、通算では1000日となっています。
 また、子宮筋腫・甲状腺の病気での手術には、手術給付金が受け取れます。
 さらに、ガンでの入院であればガン入院保険金が初日から日数無制限で受け取れます。
 ただし、責任開始日から90日以内に確定された乳がんについては補償はされません。
 医師によりがんと初めて診断確定された時には診断一時金が受け取れます。これは悪性新生物であっても、初期の
 上皮内ガンであっても保障対象となります。
・生活習慣病とがんの保障を付加した場合には、所定の生活習慣病での入院であれば基本の入院保障に上乗せして、
 生活習慣病入院保険金が初日から受け取れます。
 これは1入院の支払い限度日数は120日、通算では1000日となっています。
 また、生活習慣病と診断され、5日以上継続した入院をした場合には生活習慣病診断入院給付金が受け取れます。
 ガンでの入院であれば、ガン入院保険金が初日から日数無制限で受け取れます。
 ただし、責任開始日から90日以内に確定された乳がんについては補償はされません。
 医師によりがんと初めて診断確定された時には診断一時金が受け取れます。
 これは、悪性新生物であっても、初期の上皮内ガンであっても保障対象となります。

http://www.americanhome.co.jp/products/ah/all_risk_s/index01.html

<解説>
この保険は、配当金や満期返戻金、死亡保険金はありません。
保険期間は終身型と定期型から選択でき、基本となる医療保険にプラスして先進医療やガン、生活習慣病などの保障を
付加することで、さらに手厚い保障を備えることができます。




●持病がある方も安心 みんなのほすピタる 引受基準緩和型医療保険
契約年齢範囲/30歳から80歳
保険期間/終身、定期
定期型の場合は、10年ごとで更新され最長で90歳まで自動更新されます。
持病や既往症のある方でも、4つの告知項目に該当がなければ加入できる、引受基準緩和型の医療保険です。
(1)最近3ヶ月以内に医師の診察または検査により入院または手術を勧められた。
(2)過去2年以内にけがや病気で入院または手術をした。
(3)過去5年以内にガンまたは肝硬変と医師に診断された。あるいは過去5年以内にガンで入院または手術をした。
(4)現在、公的介護保険制度による要介護/要支援の認定をうけている。
  あるいは、要介護/要支援の認定を申請中もしくは要介護認定に該当する状態と医師から指摘されている。
(※アメリカンホームダイレクトより)

・けがや病気で入院した場合には日帰り入院でも入院初日から保障され、それぞれ1入院の支払い限度日数は60日、
 通算では1000日までとなっています。
・けがや病気での手術をした場合には入院の有無に関わらず手術給付金が受け取れます。
・保険加入前からの持病や既往症が責任開始日以降にもし再発・悪化した場合の入院や手術も保障されます。
・通院特約を付加することで、14日以上継続した入院をし退院した後45日以内に通院した場合、通院療養保険金が
 受け取れます。
 通院療養保険金が受け取れるのは、同じけが・病気での通院では45日まで、通算では1000日までとなっています。
・セカンドオピニオンサービス、安心ダイヤル24が利用できます。

http://www.americanhome.co.jp/sihc/index.html

<解説>
この保険商品は持病や既往症のある方でも、告知項目に該当がなければ加入できる引受基準緩和型の保険で、
加入前からの持病などに関しても悪化や再発した場合でも保障対象となるので、健康に不安のある方でも十分安心して
備えておくことが出来る医療保険です。
保険期間は、終身型と定期型から選択出来るので、自分の必要な時期に合わせて保険期間を選ぶことができますが、
定期型の場合は10年ごとの更新で更新の度に保険料が再計算され、更新前より保険料が上がりますので、一生涯の保障を
備えたいのであれば終身型をお勧めします。
また入院給付金、手術給付金、通院療養保険金に関しては、契約日から1年間は受け取れる保険金額は通常額の半額と
なりますが、1年を経過すれば通常通りの保険金額が受け取れます。




●みんなのほすピタる3,000 総合医療タイプ
契約年齢範囲/終身型で男性の3000円コースの場合・・・20歳から75歳まで
           男性4000円、5000円コースの場合・・・20歳から80歳まで
           女性・・・20歳から80歳まで
      /定期型・・・20歳から80歳まで
保険期間/終身型、定期型
定期型の場合、10年ごとの更新となり最長90歳まで自動更新ができます。
・けがや病気で入院した場合には日帰り入院から保障され、初日から入院給付金が受け取れ、1入院の支払い限度日数は
 30日、通算では1000日までとなっています。
・日帰り入院を含めた入院給付金が支払われる入院をし、退院後180日以内に通院した場合には、通院療養保険金が
 受け取れます。
 これは1回の入院に対して45日まで、通算では1000日までとなっています。
・先進医療を受けた場合には、先進医療の技術料と同額を最高1000万円まで保障されます。
・不慮の事故により180日以内に死亡した場合にはケガ死亡保険金が受け取れます。
 この特約は10年更新となり、最長で90歳まで自動更新ができます。
・保険期間が定期型の場合、10年の満了時に積立期間満了時返戻金としてお祝い金が受け取れます。
 保険期間が終身型の場合には、最長90歳まで10年ごとにこの積立期間満了時返戻金としてお祝い金が受け取れます。

http://www.americanhome.co.jp/products/ah/all_risk_p/

<解説>
保険契約時の加入年齢制限については、性別、保険期間、コースにより加入可能年齢が異なります。
健康保険が使えない、先進医療の保障も備わっており、定期型でも終身型でも積立期間満了時返戻金が受け取れます。



無料保険相談