保険会社ごとの商品・プラン種類 一覧    外資・カタカナ系生命保険会社

ジブラルタ生命の商品・プラン種類 解説

AIGエジソン生命、ジブラルタ生命、エー・アイ・ジー・スター生命の3社が2012年1月に合併して、
ジブラルタ生命になりました。


●一時金給付型医療保険(無配当)
保険期間/終身・定期
・入院日数に関係なく、医師による傷病名の診断確定した時点で、その傷病の種類に応じて一時金が受け取れる仕組みの
 医療保険です。
 入院日数に関わらないので、傷病が確定したのであれば、日帰り入院などの短期入院であった場合でも
 一時金は受け取れます。
・入院一時給付特約を付加した場合、けがや病気での入院1回につき給付金が受け取れるので、入院時に必要となる
 初期費用をそなえることもできます。これは通算10回限度となっています。
・手術特約を付加した場合、所定のけがや病気での手術に対して手術給付金が受け取れます。
 これは支払い回数に限度はありませんが、施術により60日に1度など給付に制限があるものもあります。
・先進医療特約を付加した場合、先進医療を受けたらその技術料相当額が通算1000万円まで保障されます。
・疾病障害による保険料払込免除特約を付加した場合、もし高度障害状態となったときや、身体障害状態となったときは、
 その後の保険料の払込が免除され、契約時の保険期間まで継続されます。
・手術特約を付加している方が、もし骨髄移植のドナー登録をしていて、「骨髄移植を目的として骨髄幹細胞採取手術」
 を行った場合、手術給付金が受け取れます。(※ジブラルタ生命公式より)
・その他に付加出来る特約は、特定疾病保障定期保険特約、特定損害特約があります。

http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/iryou_hoken_itijikin/index.html

<解説>
入院日数に関係なく一時金が受け取れ、特約を付加することで手術や入院時の初期費用、先進医療にもしっかりと
備えることが出来るのでお勧めできます。
保険期間も終身と定期がありますので、終身なら一生涯の保障を持つことができ、定期にすれば必要な期間のみ保障を
備えることができます。




●終身医療保険(60日型)
・不慮の事故により2日以上継続した入院に対し災害入院給付金が受け取れ、疾病で2日以上継続した入院には
 疾病入院給付金が受け取れます。
 どちらもそれぞれ、1入院の支払い限度日数は60日で、通算1095日となっています。
・いざ入院となったときの初期費用に対する備えとして入院初期加算給付金のあり、なしが選択できます。
・けがや病気で所定の手術、または骨髄幹細胞採取手術をした場合には、手術給付金が受け取れます。
 けがや病気の手術に対しては支払い回数に限度はありませんが、手術の種類によっては60日に一度を給付の限度
 としています。
 骨髄幹細胞採取手術は保険期間中1回が限度となっています。
・高度障害状態になったときには、その後の保険料の払い込みは免除されます。
・先進医療特約を付加することで、先進医療を受けたときにはその技術料と同額を通算1000万円まで保障されます。
・そのほかの付加できる特約としては、新医療がん特約、新医療成人病特約、新医療女性疾病入院特約、
 新医療入院一時金特約、特定損傷特約、特定疾病保障定期特約または特定疾病保障終身特約、平準定期保険特約、
 災害死亡給付特約、傷害特約、リビングニーズ特約があります。

http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/shin_iryou_hoken60/index.html

<解説>
入院初期加算給付金をありにすれば短期入院の備えとなり、そのほかの入院の出費にもしっかりと保障を備えることが
できます。
また、付加できる特約の種類も多いので、自分のニーズに合わせて組み合わせることで、充実した保障内容にすること
もできます。




●新医療保険(無配当)
・不慮の事故により2日以上継続した入院に対し災害入院給付金が受け取れ、疾病で2日以上継続した入院には
 疾病入院給付金が受け取れます。
 どちらもそれぞれ、1入院の支払い限度日数は60日で、通算1095日となっています。
・けがや病気で所定の手術、または骨髄幹細胞採取手術をした場合には、手術給付金が受け取れます。
 けがや病気の手術に対しては支払い回数に限度はありませんが、手術の種類によっては60日に一度を給付の限度と
 しています。
 さらに、入院・手術の給付金が支払われる入院・手術をした場合には、見舞給付金が受け取れます。
・所定の高度障害状態になったときには、その後の保険料の払い込みが免除されます。
・先進医療特約を付加した場合、先進医療を受けた際にはその技術料と同額が通算1000万円まで保障されます。
・そのほかの付加できる特約としては、新医療がん特約、新医療成人病特約、新医療女性疾病入院特約、
 新医療入院一時金特約、特定損傷特約、特定疾病保障定期特約または特定疾病保障終身特約、平準定期保険特約、
 災害死亡給付特約、傷害特約、リビングニーズ特約があります。
・終身型なら、「解約返戻金なし特則」を付加すれば「解約返戻金あり」よりも保険料を安くすることができます。

http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/shin_iryou_hoken/index.html

<解説>
この新医療保険の特徴は、入院・手術の基本的な医療保障に、入院・手術の際の見舞給付金が上乗せされたものです。
付加できる特約なども終身医療保険と変わりないですが、この新医療保険は、解約返戻金なし特則を付加することで、
保険料を押さえることができます。




●ALIVE ウーマン
・けがや病気での入院は、2日以上継続した入院から保障され、また入院給付金が支払われる所定の入院にはさらに
 入院初期加算給付金が受け取れます。
・女性特有の疾病での入院には女性疾病入院給付金が受け取れます。
 女性疾病入院給付金は1泊2日の入院から受け取れ、1入院の支払い限度日数は60日で、通算では1095日と
 なっています。
・けがや病気で所定の手術、または骨髄幹細胞採取手術をした場合には、手術給付金が受け取れます。
・入院・手術による給付金の支払いがなかったら、3年ごとに健康祝金が受け取れます。
・終身保険特約を付加した場合、死亡死亡・または高度障害状態となったときには保険金が受け取れ、さらに解約返戻金
 のキャッシュバリューができます。
・新医療成人病特約を付加すれば、成人病になった際の入院・手術に対して給付金が受け取れます。
 この成人病入院給付金は1泊2日以上の入院から保障され、1入院の支払い限度日数は60日、通算では1095日と
 なっています。
・そのほかに付加できる特約には、新医療がん特約、新医療入院一時金特約、平準定期保険特約、特定疾病保障定期特約
 または特定疾病保障終身特約、特定損傷特約、災害死亡給付特約、傷害特約、リビングニーズ特約、介護前払特約、
 指定代理請求特約、疾病傷害による保険料払込免除特約があります。

http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/woman/index.html

<解説>
この保険商品は、けがや病気の基本的な医療保障にプラスして、女性特有の病気での入院にはプラスして保障が
受け取れるものです。
女性特有の病気に手厚く保障が備えられますし、キャッシュバリューや死亡・高度障害状態となったときの保障もあります。
配当金はありませんが、3年ごとに受けとれる健康祝い金があります。




●ALIVE トゥモロー
・子供に意外と多いけがの保障はもちろんのこと、病気や手術の保障も備えることができます。
 また入院から30日間は入院初期加算給付金が受け取れます。
 けがや病気での入院は、それぞれ1入院の支払い限度日数は60日で、通算1095日となっています。
・入院給付金・手術給付金が支払われることがなかったら、3年ごとに無事故給付金として健康祝い金が受け取れます。
・死亡・高度障害状態となったときには保険金が受け取れ、解約返戻金のキャッシュバリューがあります。
・付加できる特約には、新医療女性疾病入院特約、新医療成人病特約、終身保険特約、新医療がん特約、
 新医療入院一時金特約、平準定期保険特約、特定疾病保障定期特約または特定疾病保障終身特約、先進医療特約、
 災害死亡給付特約、傷害特約、リビングニーズ特約、介護前払特約、指定代理請求特約、疾病障害による保険料払込
 免除特約などがあります。

http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/tomorrow/index.html

<解説>
子供がまだ幼いときや成長期ほど、けがの保障って必要です。
意外と子供はけがや病気をしやすいですから、まだ小さいから医療保険なんてと思わないで、幼い時から医療保障を
備えておくことは大切です。
また、3年ごとに入院給付金・手術給付金の支払われることがなかったら、健康祝い金が受け取れます。




●ファミリーエール
・「死亡保障重点タイプ」、「三大疾病保障重点タイプ」など、通常の医療保障をさらに保障を充実させることができます。
「死亡保障重点タイプ」の場合、死亡されたときには毎月家族に年金が支払われます。
また、高度障害状態になったときには特約高度障害年金特約高度障害療養加算年金が受け取れます。
「三大疾病保障重点タイプ」の場合、がん・急性心筋梗塞・脳卒中になったときには手厚い保障が受けられます。
・けがや病気での入院には入院給付金が受け取れ、それぞれ1入院の支払い限度日数は120日、通算では1095日と
 なります。
・けがや病気で手術をした場合には手術給付金がうけとれます。
・入院開始から30日間は、入院初期加算給付金によりさらに保障が手厚く受けられます。
・入院給付金、手術給付金の支払いがなかった場合には、5年ごとに健康祝金が受け取れます。
・高度障害療養加算型家族収入特約を付加すれば、
・もし、けがや病気で高度障害状態になったときにはその後の保険料の払込は免除されます。
・付加できる特約には、終身保険特約、新医療女性疾病入院特約、新医療成人病特約、新医療入院一時金特約、
 新医療がん特約、平準定期保険特約、特定疾病保障定期特約、先進医療特約、特定損傷特約、災害死亡給付特約、
 傷害特約、リビングニーズ特約、介護前払特約、指定代理請求特約があります。

http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/family_yell/index.html

<解説>
この保険商品は、基本的な医療保障にプラスして特約を付加することで三大疾病の保障や、死亡・高度障害状態になった
ときの残された家族のための保障が備えられる保障内容になっています。
配当金はありませんが、入院や手術給付金の支払われることがなかったら、5年ごとに無事故給付金として健康祝金が
受け取れます。




●低解約返戻金特則付 特定疾病保障終身保険
・がん・急性心筋梗塞・脳卒中になったときには特定疾病保険金が受け取れ、死亡・高度障害状態になったときには
 保険金が受け取れます。
・ただし、契約から90日はがんについては待ち期間がありますので、がんの責任開始日は契約から91日目からと
 なります。
そのがんの待ち期間中に既にがんと診断されていた場合には、保険期間中がんを原因とする保険金の支払いは
全くありません。

http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/tokutei_shippei_hoken/index.html

<解説>
この保険商品は、がん・急性心筋梗塞・脳卒中になったときに保険金が受け取れる保険ですので、けがや病気の入院や
手術などの一般的な医療保障は備わっていません。
この三大疾病の保障は一生涯続き、また低解約返戻金特則付のため、保険料は割安となっています。



無料保険相談