契約から保障開始まで

生命保険料控除の対象になるのは? 改正後の新制度で控除額の計算方法・手続き

★もくじ★
実際に控除される金額とその限度額、改正後の新制度との違い
生命保険料の控除の手続きをする
払い込み方法・加入時期・経路で異なる生命保険料控除証明書の交付時期
控除の申請が出来るのは、何年前分までが可能か?

生命保険料控除とは、その年に支払った保険料に応じて、保険料負担者の所得から、
控除されるもので、一般の生命保険料控除と、個人年金保険料介護医療保険料の控除があります。


対象となるものは、保険金受け取り人が契約者本人か、配偶者か親族となっている
保険契約で、その年の1月1日から12月31日までの払い込み保険料総額から、
配当金を差し引いた金額です。


例えば、妻契約の保険でも夫が保険料を支払っている場合、夫の生命保険料控除の対象とすることが出来ます。


eigyou.jpg

自動振替貸付制度で払われた保険料も、この対象となります。


また、保険料の払い込み期間が10年以上であることなど、条件があります。


実際に控除される金額とその限度額、改正後の新制度との違い

控除される金額は、所得税と住民税で、それぞれ控除される金額は異なります。

所得税では、「一般の生命保険料」「個人年金保険料」などそれぞれ10万円までが対象で、
実際控除される金額はそれぞれ最高5万円です。

住民税については、それぞれ7万円までが対象で実際の控除額は3.5万円です。



また、この生命保険料控除額は平成24年1月以降の新契約からは、
新しい制度が導入されました。

★旧制度
所得税の生命保険料控除額         
1年間支払い保険料                控除額
●25000円以下・・・・・・・・・・・・・・・・・全額
●25000円超え50000円以下・・・・・・・・(支払い保険料×2分の1)+12500円
●50000円超え100000円以下・・・・・・・(支払い保険料×4分の1)+25000円
●100000円を超える・・・・・・・・・・・・・・一律50000円

住民税の生命保険料控除額
1年間支払い保険料                控除額
●15000円以下・・・・・・・・・・・・・・・・・全額
●15000円超え40000円以下・・・・・・・・(支払い保険料×2分の1)+7500円
●40000円超え70000円以下・・・・・・・・(支払い保険料×4分の1)+17500円
●70000円を超える・・・・・・・・・・・・・・・一律35000円



★新制度
旧制度対象の契約と、新制度の契約どちらも契約がある場合は、保険料の合計を申告します。
所得税の生命保険料控除の限度額・・・4万円(全体では12万円)
住民税の生命保険料控除の限度額・・・2.8万円(全体では7万円)

所得税の生命保険料控除額         
1年間支払い保険料                控除額
●20000円以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・全額
●20000円超え40000円以下・・・・・・・・・(支払い保険料×2分の1)+10000円
●40000円超え80000円以下・・・・・・・・・(支払い保険料×4分の1)+20000円
●80000円を超える・・・・・・・・・・・・・・・・一律40000円

住民税の生命保険料控除額
1年間支払い保険料                控除額
●12000円以下・・・・・・・・・・・・・・・・・・全額
●12000円超え32000円以下・・・・・・・・・(支払い保険料×2分の1)+6000円
●32000円超え56000円以下・・・・・・・・・(支払い保険料×4分の1)+14000円
●56000円を超える・・・・・・・・・・・・・・・・一律28000円



生命保険料の控除の手続きをする

会社員と自営業では、手続き方法が異なります。

●会社員の場合
年末調整で勤務先「生命保険料控除証明書」と、「給与所得者の保険料控除等申告書」を提出します。
年末調整での提出が間に合わない場合や、年収が2000万円以上ある方
確定申告の際に、手続きをする。
給与天引きなどで保険料を払い込んでいる場合は「生命保険料控除証明書」の提出は
必要ありません

●自営業の場合
翌年2月16日から3月15日までの所得税の確定申告で、
「生命保険料控除証明書」確定申告時に添付します。



払い込み方法・加入時期・経路で異なる生命保険料控除証明書の交付時期
●月払いの場合

毎月10月ごろから生命保険会社から送付されます。

払い込み時期や加入時期によって異なりますが、10月ごろから1月の間に発送されます。

●年払い、半年払いの場合
口座引き落としの場合は、保険会社から送付されます。
送金扱いの場合は、振込み後受領書に金融機関等の受付印をもらい証明書となる。
集金扱いは、集金担当者が領収書押し印したもの。


この生命保険料控除申請書を紛失した場合は、保険会社から再発行してもらうことが出来ます。


所得税の保険料控除を申請した場合、住民税での申請は必要ありません



控除の申請が出来るのは、何年前分までが可能か?
生命保険料控除の申告をし忘れていた場合、

会社員や公務員など確定申告の義務がない方なら、

申告する年の翌年1月1日から5年間までであれば、過去の年の申告を行うことが出来ます


もし控除の申請をし忘れている年があれば、申告手続きを行ってください。

詳しくは、国税庁ホームページ
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm



前の記事へ<<「保険解約のデメリット、損する場合もある?解約以外で保険を有効に続ける方法」
      次の記事へ>>「今話題のリビングニーズ特約とは 余命6ヶ月と診断された時の、家族の判断と問題点」



●関連記事
保険料の払い込み方法の選択 「クレジットカードで支払う理由」  お得な節約情報

払い込み期間,方法,回数で差が出る?60歳短期払い済み・65歳以降半額・終身のメリット,デメリット



無料保険相談