契約から保障開始まで

保険解約のデメリット、損する場合もある?解約以外で保険を有効に続ける方法


保険契約は、一度解約してしまうと、それ以降保険を二度と復活させることは
出来ません

また、健康状態によっては、新たに保険に加入することも出来ません


自分が何年、何十年と続けてきた保険であれば、
尚更、損した気分になりますよね。



保険の解約は、それ以降の健康状態によっては
人生の大きな節目となり得ます


解約の手続きはいつでも出来ますから、
少し冷静になって考えてみましょう。




まず保険には、解約するとデメリットが大きい、
つまり解約してしまった方が、あなたに不利益となるものがあります。

それは、昔の保険でもみられるような、
予定利率の高い保険です。

昔の保険は、この予定利率が最近の保険よりも非常に高く、
予定利率が低いほど保険料は高く、予定利率が高いほど保険料は安くなります。

この予定利率の高い保険は、お宝保険とも呼ばれており、
現在は昔の保険ほど、予定利率の高いものはありません

気になった方は、自分の加入している保険会社に、
予定利率がどれくらいか確認してみてください。


また、現在の健康状態によっても、
新しく他の保険に加入すると既往症などが保障されない場合や、
新規加入することで、保障の内容が悪くなってしまう場合は、
現在の保険は解約しない方がいいと思います。




解約は、取り返しのつかないものです。


解約以外で、保険を有効に続ける方法はあるのか?

月々の保険料負担が難しいのであれば、
1つ目の方法として、保険期間中に保障金額を下げる(●減額)ことによって、
それ以降の保険料の負担を軽くすることも出来ます。

この、保障金額を減額した部分は、解約したものとして扱われます
(例えば入院日額1万円を5千円にする。または、特約でつけていた通院保障を解約するなど)


hokenn5.jpg
この場合、身分証明書、印鑑証明書、生命保険証書、
減額または特約の解約請求書などが必要です。



次に、途中から保険料を支払わずに契約を有効に続けるには
●払済保険
それ以降の保険料の払い込みを中止して、その時点の解約返戻金をもとに
元の保険期間を変えないで、保障額の少ない保険に切り替えることで、保障を継続すること。

その契約についている特約などは、消滅します。
解約返戻金がない場合は、変更できないことがあります。


●延長保険
それ以降の保険料払い込みを中止して、そのときの解約返戻金をもとに
保険金額を変えないで、死亡保障のみの定期保険などに変更するなど
保険期間を短くすることで、保障を継続させること。
最初の加入時よりも、保険が有効な期間は短くなりますが、保障金額は変わりません。

その契約の特約部分は、消滅します。
解約返戻金がない場合は、変更できないことがあります。



解約しない方がいい場合、した方がいい場合は個々で違う
人それぞれ、続けていく必要のない不必要な保険、 それとは逆に、解約しない方がいい保険があります。



保険は続けたいけど、やむを得ず解約を考えている方も、
昔から続けてきた保険を解約したい方も、自己判断ではなく
保険の専門家などに相談することをお勧めします。


解約してしまえば、どう頑張ってももう元には戻りませんから、
解約した後どのようなメリットがあるのか、またデメリットとなるのか
個人の判断ではなく、プロの方のアドバイスを聞いてから判断してください。



その解約が、この先の人生で大きなデメリットとなる
あるいは重大な損失となる方もいるはずです。



絶対にお勧めしないのは、自分の加入している保険会社に
解約するかどうかの相談をすることです。


必ずしもそうではないですが、会社としてのメリット・デメリットでの
判断をされがちです。




その会社の利益、不利益を視野に入れず
幅広い選択肢を提示してくれる、中間的存在の方に相談してください



前の記事へ<<「告知義務違反をしたらどうなるか 時効とは?契約が解除される場合はあるのか」
         次の記事へ>>「生命保険料控除の対象になるのは? 改正後の新制度で控除額の計算方法・手続き」




●関連記事
加入時の審査について  審査基準・告知・危険職種とは

もし保険料が払えなくなったら&滞納したら・・・ 契約者貸付・自動振替貸付制度の利用方法と注意点

昔に入った保険ほど危険?!現代の医療制度に合わせた保険選択を!



無料保険相談