契約から保障開始まで

告知義務違反をしたらどうなるか  時効とは?契約が解除される場合はあるのか


告知義務違反を契約の確認で保険会社が知った場合は、
保険会社は契約の解除が出来ます


契約が解除されてしまうと、
それ以前に被保険者がもし死亡していたりしても、保険金・給付金は支払われません
ただし、この告知義務違反の内容と、死亡した理由が
全く因果関係のない時には、給付金が支払われます


知らない方もいるかも知れませんが、
危険職種なども告知の必要があります。
詳しくは・・・「加入時の審査について」




よく言われる、"時効"について

契約日から2年を経過していた場合には、

保険会社は契約を解除することは出来ませんが、

2年を経過していても、2年以内に保険金の支払事由などが発生していた場合には

解除されることもあります


また、告知義務違反の内容によっても、
重大と判断された場合は2年などの期日は関係なく
詐欺による契約の取り消しとされ、
それまでに払い込んだ保険料も返金されることはありません

ですから、くれぐれも勘違いしないでほしいのが、
「2年経てば、ばれても問題ない」というわけではありません

2年を経過していても、保険金はもらえないものはもらえないですし、
契約が解除される可能性はなくなりません


ただ、持病があるこを記入しなかっただけ、と思う人もいるかも知れませんが、
告知義務違反は、法律的には詐欺と同じなのです。
詐欺ということは、逮捕もありえます。


kokutigimu.jpg

詐欺をしてまで保険に加入しても、
自分の病気が悪化したり、本当に困ったとき
保険金、給付金はもらえません

ゆくゆく困るのは、本人なのです




保険は昔と違い、今では、病気をしても入れる保険や、
持病についても保証されるものが登場しています。

告知義務違反をして保険に加入するよりは、
正直に告知し、安心して保険を続けられたほうが賢いです。



また、「保険の営業担当の人に口頭で伝えた」だけでは
告知とみなされませんので、書面での明記が必要です。



また、保険の営業の方に告知義務違反を進められる場合(なかなかないと思いますが)
でも、進められたからといって告知義務をしても、
責任が免除されるわけではありません。

保険の営業担当者には、何の権利もありません
自分の利益しか考えていませんので、
それは、あなたのための助言ではありません


もし告知義務違反を進められるようなことがありましたら、
そんな営業担当者とは縁を切りましょう

あなたにとっての、利益はありません



保険は人生を通して付き合っていくものですから、
保険の担当になる人についても、信頼できる方と巡り会って頂きたいです。



前の記事へ<<「クーリング・オフ制度の利用・手続き方法 何日目までが適用されるか」
         次の記事へ>>「保険解約のデメリット、損する場合もある?解約以外で保険を有効に続ける方法」




●関連記事
持病がある(既往症)・薬を服用中・通院中だと保険は入れない?引受基準緩和型保険とは

ガン治療中でも入れる保険は?病気をした後の医療保険の加入、審査基準!また無選択型保険とは?

うつ病で心療内科へ通院中・精神安定剤を服薬中  医療保険への加入は可能か

妊娠したら、医療保険って入れない?妊婦の方でも入れる保険



無料保険相談