契約から保障開始まで

クーリング・オフ制度の利用・手続き方法  何日目までが適用されるか


このクーリングオフとは、契約者が申込みをした後
保険契約を取り消すことができるもので、契約撤回制請求権とも呼びます。


クーリングオフが出来るのは、申込みをした日または第一回保険料を支払った
いずれか遅い日を含めて、一般的に8日以内であれば、
書面にて保険会社に申し込みを撤回出来ます。
書面にてですから、電話やメールでの契約の撤回は出来ません


ただし、保険会社の指定した医師の診査を受けた後は
契約の撤回が出来ません
保険会社によっては、可能な会社もあります。


このクーリングオフの出来る期間の8日以内というのも、
保険会社により15日以内としているところもあります。


また、保険会社に届いた日付でのカウントではなく
郵送した消印で判断されますので、期日最終日の消印までは有効となります。
(8日以内でしたら、8日目の消印まで)


保険会社が書面での確認し、契約の撤回が有効と判断されると、
払い込んだ第一回保険料は返金されます


ku-ringu-off.jpg



クーリングオフの具体的な手続きの流れは、
書面にて、以下を明記します。

契約の撤回の意思表示文
(平成○年○月○日の生命保険契約の申込みを撤回します など)
撤回を希望する理由
契約者の名前、押印(申込み時と同一のもの)
住所、電話番号
保険種類と保険料
第一回保険料の領収書番号
(クレジットカード払いの場合は不要)
第一回保険料の返金口座



また、新しく加入する場合の契約は、クーリングオフの対象となりますが、
保険期間が1年以内の契約の場合や、既に契約しているの保険への
中途付加や更新などは、対象外です。


さらに、クーリングオフの申し出の時点で、
既に保障が始まっている場合に関しては、保障開始日から、
契約の撤回日までの期間の保険料が請求されることもあります。



クーリングオフの取扱いは、
保険会社により異なります。

契約を撤回したい場合は、早めの検討が必要です。



前の記事へ<<「加入時の審査について 審査基準・告知・危険職種とは」
       次の記事へ>>「告知義務違反をしたらどうなるか  時効とは?契約が解除される場合はあるのか」




●関連記事
保険解約のデメリット、損する場合もある?解約以外で保険を有効に続ける方法



無料保険相談