契約から保障開始まで

申込みの後、保障が開始するのはいつ?  責任開始日(期)を早めるには

保険契約は、契約者が、保険契約を申込みした時点で、契約が成立するものではありません。保険料の払い込み日や、告知など、条件がそろった時点で初めて承諾され、保険契約が開始されます。責任開始日にも、さまざまなパターンがあり、契約を早く開始する方法もありますので、新加入や、見直しをされる方は知っておいてください。

加入時の審査について  審査基準・告知・危険職種とは

保険会社は、契約の申込みを受けるときに、 個々の契約を選択する必要があります。...

クーリング・オフ制度の利用・手続き方法  何日目までが適用されるか

このクーリングオフとは、契約者が申込みをした後に 保険契約を取り消すことができ...

告知義務違反をしたらどうなるか  時効とは?契約が解除される場合はあるのか

医療保険や、生命保険で加入時には必ず「告知」というものが必要です。この告知は、正直に正確に行うことが要求されますが、この告知を正しく行わなかったりした場合、「告知義務違反」となります。これには、2年という時効がありますが、果たして2年経過してから保険会社にばれたものなら、しっかり給付金はおりるのか。契約の解除はされないのか。保険会社にばれずに2年経過しても、告知義務違反は詐欺行為とみなされます。このような事態を防ぐためにも、危険職種・職業、また持病・既往症、入院歴や服用中の薬などは、正直に告知してください。

保険解約のデメリット、損する場合もある?解約以外で保険を有効に続ける方法

保険を何十年と続けていれば、または新しい保険種類が次々と出ていれば、「自分の保険は続けて言って大丈夫か?」「解約してしまった方がいいのか?」と考える人もいるでしょう。ですが、入っている保険の内容、種類、現在の健康状態によっては、配役してしまうと、デメリットとなる、損する、不利益となる場合があるのです。では、保険を解約しないで、有効に保障を継続させる方法はないのか、解約の前に!!一度考えてみてください。

生命保険料控除の対象になるのは? 改正後の新制度で控除額の計算方法・手続き

★もくじ★ 実際に控除される金額とその限度額、改正後の新制度との違い 生命保険...

今話題のリビングニーズ特約とは  余命6ヶ月と診断された時の、家族の判断と問題点

このリビングニーズ特約とは、まだまだ聞いたことのない方がいると思いますが、 被...