支払い方法・期間の選択

払い込み期間,方法,回数で差が出る?60歳短期払い済み・65歳以降半額・終身のメリット,デメリット


まず、保険料をどのような形で払うか・払い続けていくかにより、
将来払い込む金額と、その背負うリスクが異なります。


保険料の払い込み方法として、
終身払い
短期払い(60歳払い済み、65歳払い済みなど)
60歳以降保険料半額
などがあります。

それぞれのメリット・デメリットから上げてみましょう。


終身払いのメリット

保険料が安いので、加入年齢が若ければ若いほど終身払いのほうが向いている。

先進医療の保障のように、もっと保障内容が充実した内容のものが登場した時など、

 見直し、切り替え、転換がしやすい。

●保険料が払い済み保険より安いので現在の家計への負担が少なく、収入がもし減少しても続けやすい。

解約した時のデメリットがない。


デメリット
●収入のない、年金生活や高齢になっても保険料負担は死ぬまで続く
解約返戻金がない。




短期払い(60歳払い済み、65歳払い済みなど)、65歳以降半額のメリット

定年などを迎え、収入がなくなると思われる年齢で保険料の払い込みが終了するので、
 その先の保険料支払いの負担は一切ない
●保険料の払い込み支払いが終了しても、それ以降保障は続く(無保険状態になるわけではない)。
高齢での保険料の負担がないので、その分年金生活にもゆとりが生まれる
●ほとんどのものに解約返戻金がある。


デメリット
●終身払いに比べ、保険料が高いので、現在かかる負担が大きい
●高い保険料を払い続けているので、今後先進医療保障のようにもっと保障内容が充実した内容のものが登場しても、
 保険の見直しはしにくい
払い込み期間が終了する前の途中解約、早期に死亡した場合デメリットが大きい。
●高い保険料で続けられず途中解約していまい、無保険状態となる人もいる。
65歳払い済みだと、60歳で定年してからの5年間の高い保険料が負担となる。
●保険会社の破綻の影響が大きい。


払い込み期間を選ぶときは、自分がどこにリスクを置くかを考える

損か得かを考えてしまうと、どうしても先の見えない話になりますから、

結局、自分がこの先何歳で死ぬかとか、長生きするからこの払い込み方法にしようとか、

検討もつきませんよね。


また、知っておいて頂たいのが、
健康保険適用外の先進医療の保障などが医療保険で保障されるようになったのも、
ここ2、3年の話です。65saiharaikomi.jpg

他記事でもお話したとおり、
医療の進歩と共に、医療保険も進化し続けます

この先見直すとしたら、短期払いより終身払いのほうが
新商品の検討がしやすいです。


また、払い済み保険などは特約が付けられなかったりすることもあります。


払い込み期間の選び方としては、自分がどこにリスクを置くかでしょう。


60歳払い済みなどを、
この先途中で解約したりする恐れがないのであればお勧めは出来ますが、
1度も見直しや切り替えをしない生涯同じ保険を持ち続ける人はあまりいませんから、
そうなると途中解約でのリスクは大きいですね。

高い保険料が家計に負担を与えてしまい、
長く続ける見込みがないのであれば、終身のほうが向いていますね。


年金生活となった年齢からの保険料の支払いにリスクを置くのか、
自分がどこの負担を軽くしたいか、どこにリスクを置くかで払い込み方法は変わってきますから、
自分に合った選択をしてください。


払い込み回数によって保険料の割引がある
次に、払い込み方法(回数)についてです。

払い込み回数には、

月払い半年払い年払い一時払いがあります。


月払いは、毎月半年払いは半年ごと年払いは毎年1回一時払いは

保険期間の保険料全額を契約時に一度で払い込んでしまうことです。

また、まだ来ていない期日の、将来の保険料の一部
または全額を払い込むことを一括払い・前納といいます。


この一括払い・前納で保険料を収めた後
契約を途中で解除した場合には、まだ来ていない期日分の保険料は返還されます

一時払いで払い込んだ保険料は、途中で解約したり、
死亡しても、保険料の返金はありません


また、月払いよりも半年払いが、半年払いよりも年払いのほうが、
保険料の割引があります。

これは、保険会社の定めた割引率で計算されますので、
全保険会社が一律ではないです。


1番保険料が安くなるのは一時払いですが、
途中解約した場合などのリスクも知っておきましょう。



前の記事へ<<「夫婦型・家族型で保険に入るメリット・デメリット  もし離婚した時あなたの保険は・・・」
          次の記事へ>>「保険料の払い込み方法の選択 「クレジットカードで支払う理由」お得な節約情報」




●関連記事
実は保険は若い時こそ入っておくべき!その理由とは?

解約返戻金あり・なし  特徴と検討する際の重点

昔に入った保険ほど危険?!現代の医療制度に合わせた保険選択を!

先進医療の必要性  先進医療が生まれた訳

ライフステージごとの保険の選び方・比較   優先順位で自分に合わせた選択を



無料保険相談