医療保険 選び方とポイント

夫婦型・家族型で保険に入るメリット・デメリット  もし離婚した時あなたの保険は・・・


医療保険や、ガン保険の中で、
勤務先や団体のグループ保険などで、1つの保険で
本人以外の配偶者の保障も対象に出来るのが、「夫婦型」

本人以外の配偶者、その子供までも対象に出来るのが、「家族型」です。



この特徴としては、
家族それぞれ個々で保険契約するよりも、保険料が安いこと。

そのため、子供の数が多いほど割安となります。
手続きも、個々で契約するような手間がありません

huuhu2.jpg


ただ見た感じですと、良い点しかないように感じるのですが、
夫婦型、家族型には問題点があります。


契約者本人の保障内容に比べ、配偶者や子供への
保障内容が薄いものが多い
こと。


また、契約の際には、夫婦の年齢差など条件がある。
個人個人で必要な保障、内容が決められない点です。


そして、例えば契約者である主人が、もし死亡した場合は、
この家族や夫婦で加入している保険も消滅してしまうものもあります。
中には、保険料免除で保障は継続される保険もあり、
保険会社により異なります。


起きてほしくない、もしもの事態を想定した選択を

また、見落としがちで、もっとも注意していただきたいのが、

「離婚した場合、その保険はどうなるのか?」ということです。


結婚するとき、相手とこの先離婚しようと思い
結婚する人なんていないですよね?

ですが、離婚する夫婦は増えている一方なのです。


離婚することを想定して結婚するわけではありませんし、
離婚する可能性を考えて、保険を別々に加入するのもやや寂しい気もしますが、
戸籍から外れれば、夫婦型や家族型の保障も、当然ながら消滅します。


その時健康な状態でしたら、また新たに保険加入も検討出来ますが、
加入が出来ない場合だってあるわけです。

加入が出来たとしても、年齢が高ければその分保険料も高いです。

どの過程で、何が起こるかわからないのが人生です。



先の見えない将来に備えるのが、医療保険の役割です。


そういった意味でも、起きてはほしくない事態でも想定して、
夫婦型、家族型の選択をしていますか?



事態が起きてからでは遅いですから、
保険料が安い、などの安易な考えにとらわれず、保険は個人個人で加入されることをお勧めします。



前の記事へ<<「終身保険と、定期保険、更新型の選び方ガイド どれを選ぶかによって将来が変わる」
 次の記事へ>>「払い込み期間,方法,回数で差が出る?60歳短期払い済み・65歳以降半額・終身のメリット,デメリット」




●関連記事
医療保険は本当に必要なのか  加入する理由はこれだ!

持病がある(既往症)・薬を服用中・通院中だと保険は入れない?引受基準緩和型保険とは



無料保険相談