医療保険 選び方とポイント

終身保険と、定期保険、更新型の選び方ガイド どれを選ぶかによって将来が変わる


まず、終身保険と、定期保険などの違いについては、
「死亡保障の必要額」の記事でお話しました。


それぞれにメリット・デメリットがあるからこそ、
保険は一見選びにくいように感じるのですが、
ポイントさえ抑えれば、自然と自分には何が必要か、何が合っているかがわかるでしょう。



まず終身型を選ぶとすると、
若いうちに加入してしまえば、保険料が格安なまま生涯続けられ、
その間に保険料が上がること保障内容が下がることは一切ありません



死亡保険など、途中で解約した場合には解約返戻金があります。
その分、定期保険よりは保険料は高めです。

ですから、死亡保障などは高額な保障は持ちにくい傾向があります。


ですが、定期保険は少ない保険料大きな保障を持つことが可能です。

sougi5.jpg


定期保険、更新型のものですと、
どうしても10年・20年などの保険更新時に

保険料が上がってしまいます


更新のたびに保険料が上がるなんて、
一生涯で考えたら、将来は続けにくいですよね。


死亡保障に加入するなら、定期と終身を使い分ける

死亡保険を検討するのでしたら、

人生の中で、大きな保障が必要な時期と、

そうでない時期で、

この終身保険と定期保険のそえぞれが生きてくるのではないでしょうか。


簡単に言ってしまえば、死亡保険に関しては、
子供がいたり家族を扶養している時期などは、大きな保障を定期保険で持っておく。


子供が成長し、高額な保障が必要ではなくなったら、
終身保険に早めに切り替える


また、定期付終身保険などで、
必要な時期のみ特約部分で死亡保障を上乗せしておくのもありでしょう。


医療保険なら、定期より終身の保障を

それとは逆に、医療保険の視点から見ますと、

若い世代と比べ年齢が高くなるにつれて、病気への心配も高まりますし、
老後の収入も見込めません



定期保険ですと、病気をしがちな年齢になればなるほど
保険料は上がる一方であり、収入もなくなる世代からの保険料の払い込みが心配です。


その分終身保険でしたら、加入時の年齢が若ければ若いほど
保険料は安く、また加入時の保険料は一生涯上がりません

その分、高齢になってもしっかり続けやすいですよね。


今あなたがどの種類の保険に加入するかによって、
将来の生活設計は大きく変わっていきます


都合良く、保障内容を変更できる保険はないか

最近、ちょっと面白い保険を見つけました。

「アフラック」の「WAYS」という保険です。

これは、結構画期的な保険とも言いましょうか。


面白いのが、この保険は、
加入時は死亡保障で、将来必要なニーズに合わせて
自分で保障内容を変更できるのです。


どういうことかと言いますと、加入してから保険料払い込み完了時
それぞれ60歳・65歳・70歳までは、死亡保障としての機能

払い込み完了時からは、自分の必要な保障に合わせて

「医療保障、死亡保障」「介護年金」「年金」「死亡保障」

それぞれに、保障内容が変更できるわけです。


払い込み期間により、保障内容が変更できる年齢は異なります
(60歳払済コースの場合、変更可能年齢は60歳、65歳払済コースは65歳、70歳払済コースは70歳)


また、この保険の注目すべきポイントは、phm06_0273-s.jpg
戻り率が、100%を下回ることがないのです。
(男性の70歳払済コースの一部の55歳以降を除いて)



こういった貯蓄性のある保険は、
途中で解約してしまうと、高い保険料を払っていた甲斐がありませんが、
一生涯続ける自信がある人ならいいでしょう。


先程のとおり、高額な死亡保障が必要なのは子供が独立するまでですから、
60歳ほどの年齢で、死亡保障から自分の必要な保障に変更できるのは、
画期的だと思いませんか?


ちょっと面白い保険内容でしたので、
ご紹介しました。


このような新しいスタイルの保険も出てきていますから、
参考にしてください。


保険というものは、この先何十年と続けていくものです。

あなたが加入する保険によって、
この先の生活、将来を左右しかねません。

1番良いのは、やはり自己判断ではなく、
ちゃんとした知識を持っているプロの方に相談することです。



前の記事へ<<「死亡保障っていくら必要?葬儀代いくらかかる?家族に残すお金!選ぶポイント」
      次の記事へ>>「夫婦型・家族型で保険に入るメリット・デメリット もし離婚した時あなたの保険は・・・」



●関連記事
ライフステージごとの保険の選び方・比較   優先順位で自分に合わせた選択を

死亡保障っていくら必要?葬儀代いくらかかる?家族に残すお金!選ぶポイント

掛け捨ては損?貯蓄型は? 満期の落とし穴、県民共済のメリット&デメリット!加入、見直しポイント



無料保険相談