医療保険 選び方とポイント

ライフステージごとの保険の選び方・比較   優先順位で自分に合わせた選択を


医療保険選びで、どこに重点を置くかで、
加入するべき保険の種類・特約などは変わってきます。



誰もがこの保険に入れば間違いない、というわけではなく
自分の今・あるいは今後のライフスタイル
保険を選択する必要があります。



人生には、どの時期を迎えるかによって、
リスクも変わり、必要な保障も変化するのです。



自分と、家族のライフステージで保障は選ぶ
例えば、まだ結婚していない独身生活の中で、

何千万という高額な死亡保障がついた保険が、本当に必要でしょうか?


raihusute-ji2.jpg

残された子供や住宅ローンなどがないので、高額な死亡保障は必要ではないでしょう。
とはいっても全く必要ないわけではないので、
万が一のときの葬儀費用程度で十分です。



また、結婚はしていても子供がいない場合は、
自分達のための医療保障部分を重視しましょう。

今後子供を作る可能性がありますので、
女性特有疾病の保障を手厚くするのもありですね。



raihussute-ji.jpg

現在、結婚していて子供もいる場合は、
教育費、養育費なども視野に入れ、
夫婦どちらかがもし死亡したときのリスクが大きいですから、
残された家族のために死亡保障の必要額が大きくなります。

貯蓄が少ない場合は、夫が入院した場合には収入もなくなり、
妻が入院した場合には子供のベビーシッターなど、
さまざまな出費が考えられますから、
入院保障も充実していると安心ですね。


また、夫婦共働きの場合には、
配偶者の死亡保障も必要となります。



子供の成長に伴い、死亡保障の必要額も減少していきます。
40代から50代は、生活習慣病などの罹患率も高まりますから、
医療保障が補えていれば問題ないでしょう。



60代からは、子供が独立しているので、
自分と配偶者の今後の医療保障や、介護保障などに備えが必要です。


raihusute-ji3.jpg



このように、自分が今どんなライフステージに立っているかで
必要な保険種類、どこに重点を置いて保障を検討するかなどの
優先順位は変わってきます



大切なのは、一度保険に入ったら安心してしまうのではなく、
その都度、人生のイベントごとに
しっかりと見直す習慣をつけるということです。



ですが、保険というのも、加入時の年齢が高ければ高いほど保険料は上がってしまうので、
見直す時期は早めに、特に老後の保障を備えるときは
まだ少しでも健康なうちを心がけてください。



健康なときほど選べる範囲は広がりますし、
保障範囲も広いですから、先を見通した備えが必要です。



前の記事へ<<「女性に手厚い保険は必要か  女性特有の病気への備え方」
              次の記事へ>>「医療保険にガン特約を付ける考え方  ガンを健康保険では補えない」




●関連記事
子供のための学資保険&子供保険 入る必要ってあるの?

健康保険で補える?入院費用にお金を備える理由って何?1日の必要額とは

女性に手厚い保険は必要か  女性特有の病気への備え方

死亡保障っていくら必要?葬儀代いくらかかる?家族に残すお金!選ぶポイント



無料保険相談