いざ入院!費用と現実    国民保険があるから安心、の時代は終わった 

入院中に給付金請求が出来る?出来ない?出来る保険は何か


例えば、入院がちょっと長引いたりして、
収入もなく貯金も少なくなり、まだ退院したわけではないが、
入院保障が入院中に受け取りたいことってありますよね?



そんな時など、退院がまだ先でも
支払い対象となる必要日数を超えていれば、現在までの入院保障分を

入院途中で請求することは可能です。


しかし、その入院中に給付金請求をした後
残りの入院給付金を請求する場合は、
改めて診断書が必要になります。


この際は、簡易請求が出来ないため、
診断書などの必要書類の提出にかかるお金は、自己負担としている保険会社ばかりです。


nyuuinhiyou2.jpg

診断書は、通常5千円から1万円前後ですから、
まとめて請求した方がこういった出費はなくて済みます




また、例えば入院中に自分の加入している

医療保険の満期が来てしまった場合なども、
入院給付金の支払い対象となります。

ですが、一度退院してしまった後は
当然、もう保障はありません




本人が給付金請求出来ない事態にも備える

また、ガンなどの入院で、本人には告知しておらず
入院給付金の請求などが契約者本人から出来ない場合や、
本人が昏睡状態などにより、給付金請求が出来ない場合など、
あらかじめ加入時などに「指定代理請求特約」などをつけて
指定された代理人であれば、給付金などの請求が出来るように
しておけば安心です。

指定代理請求制度などもあり、保険料は発生しません




ただし、保険会社により
この指定代理請求が出来る範囲が限られ異なりますので、
まずは、自分の加入している保険会社に確認してみましょう。



前の記事へ<<「手術給付金って何?保険会社ごとの手術対象の違い」
                次の記事へ>>「入院保障の「初日から」、「日帰り」とは  日帰り保障の必要性」




●関連記事
今話題のリビングニーズ特約とは  余命6ヶ月と診断された時の、家族の判断と問題点

健康保険で補える?入院費用にお金を備える理由って何?1日の必要額とは

入院費用にかかる差額ベット代って何のこと? 

入院の前に...知ると得する!高額療養費制度をうまく利用する方法   貸付制度&受領委任払制度

高額療養費制度って何?適用条件・申請・実際の負担額、そして問題点   限度額適用認定証とは



無料保険相談