先進医療って何?  

先進医療  受けられる病院・種類  地域別検索


まだまだこの、先進医療が受けられる保険施設は多くありません。

この先進医療は、
どこでの地域の、どんな病院でも自由に受けられるというものではないのです。


先進医療の受けられる保険施設は、
厚生労働大臣が定める施設基準に適合すると認可された保険医療機関と限られているので、
注意する必要があります。

また、この認可を受けた保険施設は、
患者の見やすいところに治療内容と費用などを掲示
患者が選択しやすいようにとされています。


先進医療特約の給付金対象とならない場合もあること

また、先進医療の治療を受けるにあたって
厚生労働省が認可している医療機関で治療を受けないと、先進医療の給付金請求もできません

それ以外の保険機関で治療を受けた場合は
医療保険などの先進医療の給付金の対象にはなりません


先ほども解説しましたが、先進医療とされる治療や手術は固定ではないですから、
保険契約時など、今現在先進医療とされていてももし自分が先進医療を受けるとき、
その治療が先進医療ではなくなっている場合、
治療を受けたとしても先進医療の給付金はもらえませんbyouinn.jpg


例えば、今はまだ先進医療の対象ではなくても、
将来、先進医療と認可されたものについては
そのとき認可されていれば、先進医療の保障対象です。


先進医療の対象となっている治療の種類・病院が、
自分が受けるときにどのように変化しているか
それを確認してから、先進医療を受けるようにしましょう。


事前に自分で認可となっている保険施設へ問い合わせてみることも大切です。


具体的な治療技術・認可施設の検索方法

詳しくは厚生労働省の先進医療、病院検索ホームページがありますから、
その都度、ご参考にしてください。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html


また、アフラックの公式ホームページの「先進医療サーチ」から
技術名・病気の部位・診療科・都道府県から
先進医療についての検索が可能ですので、活用してください。
こちらはとても使いやすいのでお勧めです。

http://senshin-search.net



前の記事へ<<「先進医療の必要性  先進医療が生まれた訳」
               次の記事へ>>「先進医療の技術料相当額とは何か?また、必要な限度額とはいくらか」




●関連記事
知っておきたい先進医療の特徴・健康保険が使えない&高額療養費制度が使えない理由

先進医療の必要性  先進医療が生まれた訳



無料保険相談