先進医療って何?  

知っておきたい先進医療の特徴・健康保険が使えない&高額療養費制度が使えない理由


まず、先進医療とは何か。
どんなものを先進医療と呼ぶのか。

先進医療とは、
大学病院や保険機関で開発された、先に進んだ医療技術・最先端の医療技術をさします。

さらに、その最新の医療技術の中でも、
厚生労働大臣が認可したものに限られます。


先進医療は、一般的な保険診療を受けるなかで
患者が希望し、医師が必要性と合理性を認めた場合に行われます。


この治療を受ける場合、
内容や費用をよく検討した上で、同意書にサインをし治療を受けます。

syujyutu.jpg
税金の医療費控除を受ける場合必要となるので、
領収書などは保管しておきましょう。


この先進医療は、
がんの治療技術に多くあります。

例えば、重粒子線治療や、陽子線治療などが特に注目されています。



最新の技術でありながら、受けられる人はほんのわずか

この先進医療の技術が他の通常の治療と大きく違う点は、
健康保険が適用されないということです。


つまり、先進医療を受けた治療費用
全額自己負担という恐ろしいことになります。


例えば、医療費の総額が100万円だった場合、
その中で先進医療で30万かかり、
30万円は自己負担で健康保険適用外
残りの70万円は健康保険適用、といった具合です。


この全額自己負担というのも、
手ごろな金額ではなく、多くは数十万円から数百万円と、
とても急遽、自己負担できるような金額ではありません


ここで、「健康保険が適用外でも、高額療養費制度があるから安心でしょ?」と思った方は少なくないと思います。



ところがこの高額療養費制度は、健康保険の適用される範囲で効果があるものですので、
先進医療が健康保険の適用外ということは、
当然、この高額療養費制度も適用されません


この全額自己負担ということで、
最新の技術であるというのに、先進医療の治療を受けることが出来る人は

ほんの一握りだというのが現状です。
ishi.jpg


今後、どんどん変化し続ける先進医療

さらに、受ける手術・治療、受ける病院によっても、

その金額は異なります。

先進医療となっている、治療・手術の種類・内容も、

固定ではないので、今後増える可能性も、減る可能性もあります


または、今先進医療となっていても、1年後には先進医療ではない可能性
今先進医療とされていても、健康保険適用の医療技術になる可能性もあるのです。


こんなに高額な先進医療ですが、高額だからといって諦めることはありません。


最近の医療保険には、月々百円前後というとても低価格でこの健康保険適用外の先進医療に対する保障を、
限度額が数百万円から数千万円までつけることができるのです。


また、この先進医療を医療保険につける場合、
大抵5年から10年程の更新となっているので、
更新時に保険料が変わる可能性もあります。


なぜ、健康保険が適用されない?

まだ、健康保険の対象とするかを、治療の評価を行うことが必要な療養として、

治療の効果や安全性が、健康保険の適用とされるには

まだ不十分と判断されているからといえます。


その治療法により、たくさんの実績結果が証明されて、phm06_0140-s.jpg
初めてその治療法が健康保険適用となるため、
まだ現時点では症例数が少ないことも理由といえます。


ですが、健康保険適用となっていなくても、
先進医療という新しい治療法は
自分の病気の治療方法の選択肢が広がることに繋がります

病気治療に悩む多くの方が、
費用の面でも利用しやすくなるといいですね。



前の記事へ<<「少額短期保険とは  特徴とメリット・デメリット」
                           次の記事へ>>「先進医療の必要性  先進医療が生まれた訳」




●関連記事
健康保険で補える?入院費用にお金を備える理由って何?1日の必要額とは

先進医療の必要性  先進医療が生まれた訳

先進医療の技術料相当額とは何か?また、必要な限度額とはいくらか



無料保険相談