医療保険のススメ  基礎知識

解約返戻金あり・なし  特徴と検討する際の重点


この解約返戻金とは、
解約した際に自分に戻ってくるお金のことで、
保険会社によっては、解約返還金、解約払戻金とも言います。


これは、誰しも一律ではなく
保険種類・性別・契約年齢・払込方法(回数)・払い込み期間
保険期間・保険金額に応じて異なります



簡単に言えば、
自分が払った保険料の一部が戻ってくる、といえばわかりやすいでしょうか。
一部ですので、全額ではありません
短い期間で解約すると、この解約返戻金が全くない場合もありますので、
注意してください。


keiyaku.jpg



解約返戻金有りの保険の場合、
加入してから、保険を解約するまでの期間が長ければ長い程
この解約返戻金は大きくなります。



よく耳にする、「掛け捨て」と呼ばれる保険については、
毎月の保険料がその分安く設定されていますので、
解約返戻金はとても少ない、もしくはありません



この反面、解約返戻金がある保険は、
掛け捨ての保険に比べて保険料が割高に設定されています。



貯蓄性の高い終身保険などは、解約返戻金が貯まる傾向もあります。
医療保険という機能の他に、貯蓄の機能も備えていることになります。



保険契約を解約した後のデメリットも考える
資金に困り、いざという時には、

解約返戻金のある保険に加入していたなら、

自分の保険を解約する解約返戻金を受け取ることもできるわけですが、

気を付けなければならないのが、

保険を解約する=解約返戻金を受け取るということは、

そこで自分の保障がなくなってしまうわけです。



お金が必要だから
「解約して解約返戻金を受け取ろう」、という行動はやめましょう。




保険の仕組みには、
「契約者貸付制度」といった貸付も受けられますので、
本当に解約がしたい時にのみ、解約をし、解約返戻金を受け取りましょう。




保険を検討する場合、
解約返戻金有りの保険を選び、通常よりも保険料が割高になる保険を選ぶのか。

解約返戻金無し・もしくは少なく、保険料が割安な掛け捨てタイプを選ぶのか。
保険を選ぶ、一つのポイントとしてください。



解約するにあたって
また保険契約を解約する際には、

解約できるのは契約者本人のみです。

家族からの申し出でも、契約者からの委任状などが必要となります。


解約しますと、保障はなくなり、
それ以降新しく保険に加入する場合は、
保険料が高くなりますし、健康状態によっては加入出来ない恐れもありますので
解約した後のデメリットも考えて検討してください。



前の記事へ<<「妊娠したら、医療保険って入れない?妊婦の方でも入れる保険」
                              次の記事へ>>「全額保障の実費保証型医療保険」




●関連記事
掛け捨ては損?貯蓄型は? 満期の落とし穴、県民共済のメリット&デメリット!

もし保険料が払えなくなったら&滞納したら・・・ 契約者貸付・自動振替貸付制度の利用方法と注意点



無料保険相談