医療保険のススメ  基礎知識

妊娠したら、医療保険って入れない?妊婦の方でも入れる保険


女性ならほとんどの方が経験するのが、妊娠、出産です。
むしろ、子供を産むなら避けては通れない道ですよね。


とても喜ばしいことですし、明るいお話をしたいところですが、phm20_0068-s.jpg
医療保険に関してはちょっと複雑になります。




結論から言えば、医療保険の加入は出来ます
妊娠28週目までであれば。保険会社による



但し、加入時に妊娠中であれば、その後の出産の際に、
帝王切開での分娩などを受けても手術給付金の対象外となり、
保障対象にはなりません。


加入しても、「特定部位の不担保」という条件がつきます。


ninnpu.jpg

"特定部位"ということは、
保険加入後、子宮に関しては保障対象外ということです。



妊娠予定があるなら、まずはその前に保険加入を
妊娠中の加入以外の通常加入で、

例えばしっかり妊娠する前に保険に加入していれば

出産の際、自然分娩以外の施術を受けた場合には、

きちんと保障がおります


なぜなら、
帝王切開も、手術とみなされるからです。
(つまり、保険加入の際、加入制限の告知などで、過去2年以内に手術または
入院の経験がありますか?という項目がある場合は
帝王切開も手術ですから項目に該当するわけです。)



現在では5人に1人は帝王切開での出産だと言われています。



部位不担保となる場合、1年間は帝王切開などを受けても、
子宮について保障がされない、保険金がおりない、といった具合です。


但し、1年を経過すれば通常通りの保障となります。




一番良いことは、自然分娩以外の出産、入院に備えて
妊娠前にしっかりと保険には加入しておくことが一番良いのですが、
妊娠後の保険加入の際には、phm06_0294-s.jpg
そういった条件があることも知っておいてください。




部位不担保があるからといって、
「出産が終わってから加入すればいい」
などと安易な考え方はやめましょう。




部位不担保は1年以降ありませんし、
備えておくことに意味があるのです。



前の記事へ<< 「医療保険の保険期間とは?」
    次の記事へ>> 「持病がある(既往症)・薬を服用中・通院中だと保険は入れない?引受基準緩和型保険とは」




●関連記事
女性に手厚い保険は必要か  女性特有の病気への備え方

持病がある(既往症)・薬を服用中・通院中だと保険は入れない?引受基準緩和型保険とは

ガン治療中でも入れる保険は?病気をした後の医療保険の加入、審査基準!また無選択型保険とは?

うつ病で心療内科へ通院中・精神安定剤を服薬中  医療保険への加入は可能か

健康保険で補える?入院費用にお金を備える理由って何?1日の必要額とは

掛け捨ては損?貯蓄型は? 満期の落とし穴、県民共済のメリット&デメリット!加入、見直しポイント



無料保険相談