保険というのは、本当に複雑にできています。 素人が見ても、すぐには理解できないように、わざと複雑にしてるんじゃないか? と思うこともあります。


では、あなたにピッタリの保険を選ぶにはどうすればよいのか?


まずは、最初から自分で選ぼうとせず、保険のプロに客観的意見をもらうことから始めるべきです。


プロが相談に乗ってくれる保険相談窓口へ足を運ぶか、 もしくは、インターネットで簡単申込ができる無料保険相談を利用しましょう。


(保険無料相談で一番オススメなのがコチラのサービスです。 勧誘されないので、安心して利用できます。)




あなたの今の状況、入っている保険の種類などによって、ベストな選択は違ってきます。 100人いたら、100通りの選択肢があるのが保険です。


で、誰に聞くか?ですが、間違っても@@生命の保険外交員さんとかに聞かないでください。 保険を売るのが商売の人に聞いても、 決して客観的なアドバイスはもらえないからです。 自分の会社の保険をすすめるに決まってますから。


では、どうするか???




弁護士・税理士など、「その道の専門家」に相談する場合、 1時間5000円とか平気でとられちゃいますよね?


でも、FPさんの場合、無料で相談できる方法があります。


保険のビュッフェ というインターネットのサービスを使えば、 優秀なFPに、保険に関することならなんでも無料相談できます。




元保険屋さんで働いていた私でさえも、
自分の入っている保険に対しての客観的意見が欲しくて、
思わず利用しちゃったサービスなんです。

>>無料保険相談 保険のビュッフェ公式サイトはこちら


実際に「保険のビュッフェ」の無料相談を申し込んでみました。



私の場合、医療保険・生命保険に複数すでに入っており、 今のままでよいのか?という確認もしたくて、保険のビュッフェを使ってみました。


保険のビュッフェさんに紹介してもらった、私担当のFPさんは、感じの良い方で、 親身になって、家族のように私の保険の相談に乗ってくれました。


この人なら、客観的に私の保険を見てくれそうだし、信頼できると感じたので、 2回目お会いする時に、今加入している保険の保険証券を見てもらいました。


保障内容や条件など、素人にもわかりやすいように、 表にしてもらえました。


そして、客観的に見て、加入している保険には、文句のつけようがないと言っていただきました。 バンザーイ!


ただ、唯一ひっかかる点として、終身のものに加入してなかったので、 60歳以降のことを考えると不安が残る。というご意見をいただきました。


終身保険は加入時の年齢や健康状態によって、毎月の保険金額がだいぶ上がっていってしまうので、 もし終身に入るなら、早いにこしたことはない、と。


確かに・・・ということで、追加でアリコの終身保険に加入することにしました。 まだ私は若いので、保障もしっかりしてるのに、月々1,400円ほどの安い金額で加入出来ました。


これが年齢を重ねてからの加入だと、 同じ内容の保険でも保険料が10倍以上高くなってしまうケースもあります。




私の場合は、今加入している保険の弱い部分を補強しましたが、 逆に、余分な保険料を省くことができるケースも多いと思います。


よく巷で耳にする「あなたは保険料、払いすぎていませんか?」ってやつですね。


自分にとって必要な保険には入るべきですが、 逆に、必要ない保険に入っちゃってる人も多いです。


保険の見直しを考えている方、もしくは、ただ単に、プロの客観的意見を聞いてみたいだけの方にも 保険のビュッフェの無料相談はオススメです。






【医療保険の真実】の人気ページをチェック!


保険って入るべき?別に入らなくてもいい?



入院に関するページ



こんな場合はどうなるの?




・実は保険は若い時こそ入っておくべき!その理由とは?
まず、保険料の決まるポイントとしては、
●保険加入契約時の年齢
●健康状態
が大きく関わっています。
つまり、若ければ若いほど保険料は安い。
健康であればあるほど、保険料は安い、と言えます。>>>続きはこちら

・掛け捨ては損?貯蓄型は? 満期の落とし穴、県民共済のメリット&デメリット!加入、見直しポイント
医療保険を検討するとき、必ず決めなければならないのが、
掛け捨てにするか、貯蓄型にするかなどの、保険種類です。
お客様からの質問でも、
「掛け捨てって損じゃない?」や、「結局どっちがお得なの?」
という声を頂いてました。>>>続きはこちら

・保険料の払い込み方法の選択 「クレジットカードで支払う理由」  お得な節約情報
まず、加入時に大きなメリットとなるのが、
保障の開始日(責任開始日)がその他の払い込み方法よりも確実に早いことです。
責任開始日とは、保険会社が、保障を開始する日にちをさしますが、
ただ申し込み用紙を保険会社に送付した日から保障が開始されているわけではなく、
申込み、告知、第一回保険料の払い込みのすべてが完了してから、
保障が開始されます。>>>続きはこちら

・子供のための学資保険&子供保険 入る必要ってあるの?
では、学資保険についてお話しましょう。
特徴としては、子供の今後の教育に必要な資金を積み立てるということと、
もしものときのための、子供への病気やケガの保険です。>>>続きはこちら

・ライフステージごとの保険の選び方・比較   優先順位で自分に合わせた選択を
誰もがこの保険に入れば間違いない、というわけではなく
自分の今・あるいは今後のライフスタイルで
保険を選択する必要があります。
人生には、どの時期を迎えるかによって、
リスクも変わり、必要な保障も変化するのです。>>>続きはこちら



最新の更新情報


2015年4月1日 トップページを更新しました。


管理人のマイブーム


・ヤフーニュース
最近は政治とか経済のニュースをチェックするのが日課になってます。
前までは全然興味すらなかったのに。人間変わるものですね。